カラーリングでの髪の傷み

ガゴメ昆布

染めながらトリートメントする

カラーリングしていると、髪の痛みがどうしても気になってしまいます。傷むのは、ドライアーの熱が当たるためと言われ、今はタオルドライをして、タオルの上から、ドライアーをあてるようにしています。この方法をはじめてから、乾く時間も短くなりましたし、痛みも和らいできました。しかしながら、必要なのは、髪の傷みはトリートメントで保護するということです。

トリートメントをすると、髪の毛の回りに膜がついて、ドライアーの熱から守ってくれます。また、適切なトリートメントを選ぶことも大切です。カラーリング向けのトリートメントなら、なお効果があります。髪の毛は、染めることで、キューティクルが壊れてしまうんですよね。でも、カラーマニュキュアなら、髪の毛を傷めずに染めることができます。

しかも、トリートメント効果があるので、染めながらトリートメントするという、一石二鳥効果があります。せっかく色がきれいに染まっても、髪の毛がいたんでしまっては、意味がないですよね。トリートメントタイプのカラーリングだと、あの独特のツンと来る臭いもないし、使い心地もよいのでおすすめです。頭の後ろなど、手が届きにくいところもしっかりと染まりますし、染まり具合も、均等にしっかりと色がつきますので、痛みで悩んでいた方には特におすすめです。

ルプルプ口コミ染まらない?白髪染めの成分解説【最安値の窓口】
白髪染めLPLPルプルプ成分の安全性や効果・評判はどう?
www.shiragazome-otameshi.com/