現代的なアレルギー反応

ガゴメ昆布

現代は反応をおこす物質がたくさん

食品添加物や杉花粉など、現代にはアレルギー反応をおこす物質がたくさんで、世の中きれいになりすぎるとアレルギーというものが登場し、人々を悩ませています。そこで、パッチテストとアレルギー反応ですが、簡単にできるものとして、家でもできるものがあります。方法は、傷口にはる絆創膏と油性ペンを用意して、まずテープに調べたいものについての名前を書いておきます。

次に、絆創膏のガーゼの部分に、調べたい化粧品や歯磨き粉などを無って、二の腕の内側に貼るだけです。この後、48時間経過したあと、かぶれなどがあるかどうか反応をみるだけで、自分にはその物質にアレルギーがあるかどうかがわかります。とっても簡単ですよね。もし、かぶれたりしていた場合は、その化粧品などは使わない方がよいですね。

気をつけなければいけないのは、腕と顔では反応が違うことがあるので、腕では問題なかったとしても、顔につけたときにかぶれたりということがあります。また、健康状態によっても、かぶれたり、そうでなかったりしますよね。顔でパッチテストを試したいときは、顔の部分で目立たないところに縫ってみて、反応を確かめるのがよいようです。かぶれたり、赤くなったりなんらかの反応があれば、それはアレルギー反応の可能性が高いので使わない方がよいです。また、自分のテストだけでは、よくわからない、不安だというときは、すぐに皮膚科に行った方がよいでしょう。