保険相談の断り方ってどうすればいい?

保険の見直しをするのにもお金がかからないのに、そのうえなおも商品券などがもらえたらWでお得です。

ゲットできる方法をいくつか挙げますと、実際に面談をすれば良いだけだったり、必要なところではアンケートに回答したりします。

金額的に多いのは数千円ほどのところですが複数の会社で面談をしたら合わせて数万円にもなるかもしれません。

当然ですがプレゼントのための面談と判断されたらもらえないので、ついでにもらえたら嬉しい贈り物と捉えて面談そのものを意味のあるものにしましょう。

世の中に数多くある保険無料相談会社にあって、テレビCMや全国展開している店舗などで有名なのが「ほけんの窓口」だと思います。

来店型の中でも世間の認知度が高い会社なので、ネット上の体験談や口コミも豊富にあるのが良いですね。

FPさんとの最初の面談ではまず基本的な知識の確認から始め、こちらが抱く疑問についてもしっかり答えてくれて比較的満足度は高いようなのです。

また取扱っている商品の数も多いので、FPさんの提案にも幅が出ることでしょう。

車の買取などで見積もりをお願いしたことってありますか?見積もり後に催促の電話がかかってきます。

好きな人はそこで値段交渉をして値切るのが楽しいと言いますが最近では、若い人を中心に電話が苦手という方も増えている印象を持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強引な勧誘を行ったり、評判の悪いFPに対して契約解除を行うサービスもあるほどしっかりと勧誘に際して対策を考えています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行うFPだった場合はストップコールという制度があり、電話一本で勧誘のストップや担当FPをチェンジすることも可能です。

毎月の出費をどうにか節約したい、というのは少なからず皆さんも思っているはずです。

それならば保険料金を見直してもいいかもしれません。

最近、様々なメディアで耳にする保険無料相談サービスを利用してみるのはどうでしょうか?でも、保険の知識がなくても利用して大丈夫なの?相談に行ったら絶対に契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という風に思ってしまう方もいると思います。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の相談をしてもらえます。

その場合は、加入中の保険証券などを持っていくとより現在の契約内容がわかりやすくなります。

保険無料相談サービスの利用で商品券をプレゼント!という販促の方法を最近は見なくなりました。

調べてみると、2017年に金融庁の出した指針によって相談サービスの利用特典として高額な商品券がもらえるというプロモーションは禁止になったからです。

正確に金融庁の指導を見ると禁止したのは換金性の高い商品の提供です。

逆に言うと「換金性が高くないものなら大丈夫」とも解釈できるので一部のサービスでは商品券から「換金性の低い特定の景品をプレゼントする」と言う形式をとって募集をしています。

そのため、商品券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

保険の相談方法として来店タイプと訪問タイプとがありますが、特に後者のタイプでは担当者を選びにくくなっているので、実力に納得がいかなかったり相性が悪かったりする場合もあるようです。

たとえば押しに負けて合わない契約をしてしまうということもあり得ます。

威圧的な態度をとるなどしてこちらが断りにくいようにしていくようなFPさんだとしたら、その後の対応も心配ですので大事なことをお任せするのは考えものです。

できるだけ失敗を避ける方法としては、下準備をして面談時には誰かに一緒にいてもらうなどしましょう。

営業の人に言われるがままに保険に加入してしまって実は、内容を十分に把握できていない方も多いと思います。

参考:保険相談の断り方はどうすればいい?【予約取り消しの言い訳集】

保険無料相談サービスを活用してはいかがでしょうか。

知識がなくても専門家が今はどんな保険に入っているか、ライフプランに合う保険ではなかった場合、別の保険の方が今の希望に対して合っているなど相談に乗ってくれます。

また、その結果、余計なオプションを外したり別の保険に乗り替えることで保険料が減ることもあります。

また、FP紹介サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っているサービスもあります。

皆さんは買い物に行って強引な接客で何かを買わされたというようなトラブルの経験や話を聞いたことはありますか。

中には、生命保険の勧誘時に説明が足りない状態で不適当な保障を付帯させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら告知義務違反で保険料が支払われないこともあるそうです。

そんな時にどうしたらいいのか知識がないとわからないですよね。

人生の中で保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを得意とする弁護士もいるようです。

こういった問題が起きた時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

一般的にサービスなどの評判は悪評の方が頭に残ってしまうことが多いそうです。

保障内容の確認や契約状況の見直しをしてくれる世間的に保険無料相談サービスに対してどんな印象を持っていのでしょうか。

口コミサイトを見てみると相談前の人の多くが「相談したら保険に加入しなければいけなそう」というイメージがあってなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

ただ実際に相談してみると「納得いくまで何度でも相談してください」と快く言ってくれて安心できた、本当に内容の確認だけでもOKだったなどイメージとは全く違うことがわかりました。

なので見直しを検討している人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

多くの人が保険を考える時期があります。

一例を挙げると、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く保険に対する知識がないとどうしたらいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスの利用を考えてみましょう。

現在、保険に入っている人でも年収や支出などが加入当時から変わっているはずです。

なので、無料相談で今の生活状況、希望している保障内容が合っているか、いざという時に保障でカバーすることができるのかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけでも大丈夫なので気楽に利用してみてください。