希望条件に合う病院や医療機関を探すには?看護師の転職事情

希望条件に合う病院や医療機関への転職を目指す看護師にとって大事なのはやはり、面談です。
面接の時に、看護師が尋ねられることが多いのは以前の勤務先での仕事の内容、以前の病院を辞めた理由、この病院で働いたら、したいことは何か、自分の看護の価値観といったことです。
こういった質問にスムーズに回答できるように事前にまとめておく必要があります。
実際の看護師の仕事は患者の治療に関することに限らず、患者の生活の手助け的なことも、業務に含まれています。
クリニックで、看護師くらい多忙なスタッフはいないだろうと感じます。
だから、忙しい看護師さんの労働状況に応じた待遇にしていただきたいものです。
働いている看護師は数万人いますが、それと比較して、資格を取っていながらも、就職していない人が五十万人以上いると言われています。
日本で4万人の看護師が足りないとされているため、その五十万人の中の少しの人でも勤務できるようになれば、少しは改善できるように思います。
看護師という職種は、大変だと心底思えるほどの仕事です。
夜の勤務も交代で務めなくてはいけませんし、病院も経営難だったりして、少人数で仕事をするしかないこともあります。
激務の影響により、うつ状態になる人も多く、退職率も高かったりします。
よく看護師は白衣の天使とよくいわれていますが、実際、こんな激務をこなしているのは、まさに天使だといえます。