貸金業法が改正されたことで金利が改正前より引き下げられました

貸金業法が改正されました。
そのためどの金融機関でも、キャッシングの金利を改正前より引き下げられました。
法改正前にキャッシングでお金を借りていた方は必要以上の利息を支払っており、過払い金が発生しているかもしれません。
この過払い金返還請求は時効前に行う必要があります。
可能性があれば、完済後、返済中を問わず可能な限り早めに弁護士、司法書士に相談し、返還請求が一日でも早くできるようにした方がいいです。
キャッシングの返済方法を考えることにあたってまとまった金額を繰り上げ返済する。
という方法を選ぶという事は現在借り入れしている総額の全体の返済額を減らすことと長い間返済しなければいけなかった期間を短縮するためにとてもメリットが大きく、効率的です。
なぜかというと、繰り上げ返済された金額が元本返済に回され、ローン全体が減少するからです。
しかし、場合によっては繰り上げ返済が行えない残念な設定になってしまっている可能性も否定できません。
カードでお金を借りるというとクレジットカードとカードローンを同じように考えているケースがしばしばあります。
確かにお金を借りるという点では一緒ですが、キャッシング(借りられる)額の上限にものすごい差があるので、この際ご説明しましょう。
クレジットカードは買い物重視のため、キャッシングの枠は小さめです。
当初は10万、20万といったところでしょうか。
一方、カードローンは融資を主目的とし、軽く100万円以上の上限額が設定されています。
数字で比較するとクレジットカードとカードローン、全然違いますよね。
キャッシングは収入があれば、主婦でも使うことができないことはないのです。
働いていない方は利用することは不可能なので、何かの策を利用して収入と言えるものを作るようにしてください。
収入があると判断されると、主婦の方でも利用できます。